【pure】 case1 / ボリュームを落とさず、緩やかな曲線を描く

目次

pureとは

「pure」は 基本的には縮毛矯正と同じですが、カット・薬剤・アイロン等による施術方法を工夫し、
針金のようなストレートではなく柔らかな曲線を目指します。

いかにも縮毛矯正をかけたような仕上がりではなく、あくまでも地毛(自然に)見えるように。

「くせがなくて、きれいな髪。素敵ですね。」と言ってもらえたり感じてもらえるような仕上がりです。

お客様事例

今回のお客様は髪に強いくせはないのですが、大きく曲がるくせと少しのパサつきがあるので、

大きく曲がるくせ ⇒ しなやかな曲線
少しのパサつき ⇒ つやのある髪質

上記の状態に「pure」を用いて変更することで、
扱いやすさの向上(朝のセット、一日の持続性、湿度に影響されにくい)にもつながればと思います。

施術前

それでは以下の画像(施術前)をご覧ください。
ご来店時の状態です。

一度濡らして乾かせばもう少し良くなりますが、普段はこのような状態になります。夏の暑さと湿度、汗をかいたりなどで、その日の髪が刻々と変化してしまうのが現在の状態です。

この状態が「pure」を施すことにより軽減されると思います。

自然な印象に仕上げるには

通常は全体にかけることが多いストレート系のパーマですが、様々な方法がございます。

今回は頭のハチよりも上の部分だけに施術します。
ねらいとして、ハチよりも下の髪のボリュームを残して、
その上に「pure」をかけた髪を重ねることで、ぺたりとした印象を回避します。

残されたハチ下のボリュームは、上から落ちてくる髪の支えとなり、
ボリュームをキープしてくれることはもちろん、ふくよかな髪の印象を与えてくれます。

ストレート系パーマのデメリットに「必要以上にボリュームが落ちてしまう」ことが一つ挙げられると思います。

ボリュームの落ちすぎ、直線すぎる髪は、人工的(機械的)な印象をもたらし、不自然な雰囲気が出てしまいます。きれいすぎることは不自然さをもたらしてしまうので、とても注意が必要です。

今回施術させていただくのは、髪の量や質が変化してくる60代のお客様です。
ふくよかな髪を作ることで、印象は大きく変化すると思います。

施術方法

それでは施術方法です。

画像のようにハチよりも上の部分だけを分け取り、そこに施術いたします。
かけない下の部分となじみが良くなる様、ジグザグに分けとります。

薬を塗布 ⇒ アイロン ⇒ 2液塗布 ⇒ 流して乾かします。
ブラシ等は使わず、手ぐしで乾かすだけで仕上がります。

施術後

それでは施術後の写真です。

全体的にツヤが出るようになりました。
そして直線的な髪ではなく、大きく湾曲しながら毛先へ向かい落ちています。
それにより、丸みを帯びた柔らかな印象を与えてくれるスタイルになっています。

pureをかけていない部分

上記の2枚の画像は「pure」をかけていない部分です。
少しわかりにくいかもしれませんが、下におろしている髪の根元1.5~2cmの髪が
一度立ち上がってから下へ落ちています。

この部分が上から重なる髪の支えとなり、ボリュームをキープしてくれます。

pureをかけている部分

上記の2枚の画像は先程と違い、「pure」をかけた髪の根元になります。

こちらも先程と同じく根元に立ち上がりがあります。
これは「pure」をかける際、根元を2㎝ほど空けて施術いたしました。

それにより頭頂部の立ち上がりも残しながら、きれいな髪が下へ落ちていく形になります。

根元1~2cmの髪は決して表には出ませんがとても大切な役割を担っています。
舞台でいえば黒衣のような存在に似ていて、いなければそれ自体が成り立たない程重要な場所だと思います。

ビフォーアフター

それでは最後にビフォーアフターです。

ビフォー
アフター
ビフォー
アフター

曲線を作る方法の多くは「カット」ですが、根元が立ち上がることで、
髪が重力に伴いしなりながら落ちていきます。
その他にもアイロンの温度も大切です。

今回の施術例が、少しでも髪のお悩みを解消するご参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

施術MEMO

menupure
price¥25,520円
※pureのみの料金になります。
施術内容全体的なまとまりを考慮し、必要な部分にだけ施術。
地毛の良さと「pure」の良さを掛け合わせ、スタイルを作ります。
目次
閉じる