【修復】 case1 / 髪が曲がる原因

Repair -case1-
目次

髪に曲がりが出る原因について

髪の癖でお悩みの方はお客様の中でも多いのですが、髪に曲がりが出る原因はいくつかございます。

  • 生まれつき / その方が持って生まれてきた元々の癖です。
  • 髪の傷み / 健康な髪では見られなかったが、傷みにより現れた癖です。
  • カットの仕方(構造) / 切り方によって現れる癖です。

上記のようにいくつが原因がありますが、今回ご紹介するお客様は上記の3つが重なった状態になります。

お客様事例

施術前

それでは施術前をご覧ください。

表面にパサつきがみられます。

枝毛や切れ毛が散見されます。

一定の間隔で曲がるくせが見受けられますが、これが地毛の癖なのか、傷みや構造によりひきおこっているものなのかは、まだ判断がつきません。

根元から伸びてきた5㎝程度の髪の毛はとても艶があります。
カラーもされていない純粋な髪(地毛)です。

根元から中間部分(内側)
髪を下した表面の髪

毛先に行くにつれて傷みが見られます。
(画像が少しぼやけて見ずらいですがごめんなさい・・・。)

傷みは内側よりも外側(表面)に出ることが多いですが、カットやカラー以外に、紫外線・ドライヤー等にさらされる時間が外側は長く、内側は短いことなどもその要因となっていると思います。

ここまでが施術前です。

修復方法

様々な原因が考えられますが、切り進めていくうえで変化することもあるので慎重に進めていきたいと思います。

そして修復方法ですが、主に「カット」で進めていきたいと思います。

先程の画像にあったように、根元の5㎝程度は健康な髪ですが、そこから下は傷みがあるのでこの部分をカットして取り除いていきます。

ただ、すべて取り除こうとするとショートカットになってしまうので、少しずつ取り除いていくことにいたしました。

理由として、修復されるまで広がりやすくまとまりにくい期間が長くなるので、髪の長さによる重さで落ち着くように助けてもらうことと、結べる長さも確保することで何とか普段を過ごせるようにするためです。

施術後

それでは仕上がりです。
(今回はカットとカラーを施術いたしました)

上記画像の4枚は、表面(頭頂部)のみをブローした画像になります。

いつもは手ぐしで乾かした状態の写真を撮影していたのですが、撮り忘れてしまいました・・・。(実際はパサつきが残っているのでご自宅での仕上がりはもう少し広がり、パサつきも出ると思います。)

丈は5㎝程度カット。
長さをあまりカットできないですが、できる限り傷みを取るために表面にレイヤーを入れて対処いたしました。顔周りも顎下くらいでカット。

下の重みはキープしつつ、カジュアルになりすぎないように。
でもご来店時より少し軽やかな印象になりました。

カラーは少し色落ちが進み、赤くなっていましたが、マット系の色で赤味を抑え、しっかりと色味を入れることで深みのある髪に。

パサつきがあるうちは少し深みのある色がおすすめです。
明るい色は膨張して(広がって)見えるので、パサつきや広がりを助長することがあります。

艶のある髪になると、明るさ・色味を選びません。
お好みのカラーでお楽しみいただけると思います。

それではビフォーアフターです。

髪が曲がる原因 before
before
髪が曲がる原因 after
after

施術MEMO

menuカットとカラー
price22,000円(税込み)
仕上げ方表面のみ(頭頂部)ブロー仕上げ
使用シャンプーnao.’s serum shampoo 1
nao.s amino shampoo 1.5
使用トリートメントnao.’s repair treatment 2.1
仕上げ前の保湿nao.’s pure lotion 3
仕上げ前のオイルnao.’s pure oil 4
目次
閉じる