【修復】 case3-1 / 髪の修復( 長期)

目次

傷んだ髪の修復について

上記のお客様は、全体的にパサつきが見られます。
毛先のまとまりがなく、普段のスタイリングが少し難しいかと思われます。

毛先の状態ですが枝毛や切れ毛が散見されます。
このような状態になると、髪は、硬くざらざらした手触りです。

傷みの原因と比率

このような傷みの原因とその割合ですが、カットが9割でカラーが1割程度かと思われます。

修復方法

主な傷みの原因は「カット」なので、修復に必要な施術も「カットのみ」で大丈夫かと思います。
傷みをカットで取り除き、スタイルづくりに必要な構成をつくり直していきます。

修復に必要な期間

長さをあまり変えずに進めた場合と、
長さを短くしていく場合とでは、修復期間が異なります。

お客様のご希望は、「セミロングの長さをキープしながら」でしたので、
少し期間はかかるかと思います。(1~1.5年)

最後に

初回のご希望メニューはカットとカラーでしたが、
仕上がりの写真を撮り忘れてしまいました、、、。

カットは毛先7~8㎝程度切り、セミロングの長さを残しました。

理由として、
もともとのご希望もありましたが15cm程度カットしたとしても
傷みが残り構造も不十分なので、下ろした時に髪がまとまりません。

そこで長さがあれば、長さによる重さで多少は広がらない事と
結ぶ選択肢が残るので、そちらの方が現在は勝手が良いと判断したためです。

仕上がりは切った分だけ傷みが取り除かれ、施術前よりも少しツヤが出ました。
毛先のまとまり等はまだまだですが元の毛質はしなやかで、
艶のある髪をお持ちなのできっと元の毛質に戻ると思います。

修復後がとても楽しみです。

施術MEMO

menuカットとカラー
price¥22,000(税込み)
目次
閉じる